JPY-EXCHANGE.JP

高性能自動外貨両替機でインバウンド市場を拡大

インバウンド市場は、政府指針により訪日外国人旅行客数では2020年に4000万人、2030年には6000万人へと、訪日外国人旅行客の国内消費額では2030年度に15兆円へと拡大することが目標設定されています。

しかしながら、国内滞在中の外国人旅行客らの「困りごと」には、常に「両替場所が少ない/両替が面倒」が上位ランクインするのが現状です。

この「困りごと」を解決するのが「外貨両替機」。外貨両替機を国内各所に多数設置していけば、多様化する電子マネー等を伴って大いなる『決済の多様化』をもたらします。